千葉 インプラント 船橋 歯医者 東船橋

千葉県船橋市東船橋1-38-1デアビル3F
船橋のおさか歯科クリニック

24時間WEB予約はこちら

歯周病

歯周病とは?

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(あごの骨)など、歯の周囲組織の病気です。歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきます。

口のなかには数百種類・数千億個の細菌がいるといわれています。歯周病菌はその中でもポルフィロモナス・ジンジパリスを代表に20種類程度が特定されています。これらの細菌は歯垢を絶好のすみかにしてどんどん増えていきます。

歯周病は、まず歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。歯肉に炎症が起きてはれると、歯と歯肉との聞の溝(歯肉溝)が深くなります。これを歯周ポケットといいます。歯周ポケットにはプラーク(歯垢)がたまりやすく、かつ取り除きにくくなります。また、歯周ポケットの奥には酸素が届きにくいので、酸素を嫌う性質の歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖しやすくなります。

歯肉炎を放置しておくと炎症が歯根膜や歯槽骨まで広がり、歯周炎と呼ばれる段階になります。さらに進行すると炎症によって歯槽骨が溶けていきます。そして、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。

さらに、歯周病は歯や歯周組織を失うばかりでなく、さまざまな全身疾患と密接に関係していることがわかっています。

▲PAGE TOP

歯周組織の再生療法

歯周病に侵されると、歯肉や歯根膜、歯槽骨などが破壊されます。過去におけるこれらの治療は進行を食い止めるのが精一杯でした。しかし、現在は病原菌に侵されたところを一掃して、歯周病の原因を断つことで、破壊された組織を新たに再生させる事が可能になっています。

1.歯周病によって歯周組織が破壊されつつある状態です。
2.歯垢・歯石を完全に取り除き、患部を清潔にします。
3.歯槽骨や歯根膜が破壊された範囲を歯周組織再生療法専用の膜で覆います。これは、骨などの硬い組織を再生させたい部分に、歯肉などの軟らかい繊維性の組織細胞を混入させないためです。
4.膜の上から、歯肉をかぶせるように戻します。歯槽骨や歯根膜が再生されるべきスペースが確保されていれば、破壊された歯槽骨や歯根膜は徐々に再生されてきます。
5.数カ月で、まだ未熟ですが、新しい歯根膜と歯槽骨が再生されます。このような再生療法は、非常にデリケートで、患者さんの忍耐も要求されます。治療中の口腔衛生管理はもちろんのこと、治療後も二度と歯周病に侵されないように、徹底した口腔衛生管理を心掛けましょう。

▲PAGE TOP

歯周病の原因は?

直接の原因はやはりプラーク(歯周病菌)と歯石

プラーク(歯垢)が歯周病を引き起こす直接的な因子です。歯肉炎、歯周炎はプラークを取り除くことにより改善してきます。プラークは、食べ物のカスのように思われている方がいますが、実際は、歯周病菌や虫歯菌がつくり出した自らを守るためのネバネパしたバリアーです。
このプラークが体液中のカルシウムを取り込んで、石灰化していくと歯石となり、さらにプラークの温床となります。プラーク1mg中に1億個以上という数の微生物が存在するといわれ、そのなかの歯周病菌や虫歯菌が排出した酸によって歯や歯肉、歯槽骨などが破壊されていきます。

歯周病菌の活動を促す局所的因子

外傷性校合

噛んだ時に、全部の歯が均等にあたらず、一部の歯だけが特に強くあたる状態です。これにより一部の強くあたっている歯が通常の歯よりも大きく動揺し、歯と歯肉の間の溝が広がって歯周ポケットが形成されます。この歯周ポケットにプラークが侵入して歯周病が進行していきます。

口呼吸

口で呼吸をしていると口の中が乾燥して、唾液の持つ免疫力が低下します。

食生活

軟らかいものや甘い食べ物が虫歯菌の栄養になるように、歯周病菌の栄養にもなっています。アゴをしっかり使って食べなければいけないような、硬い食べ物も食べてよく噛んで、唾液をたくさん出すようにしましょう。食後の歯みがきも歯周病の予防に重要です

歯周病を進行させる全身的因子

ストレス

過度のストレスは免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることが報告されています。

喫煙

タバコに含まれるタールなどが歯の表面に付着してザラザラすることにより歯垢が付きやすくなります。次にニコチンなどは血管を収縮させる作用があり、歯肉への血行が悪くなり、細胞組織への酸素や栄養の供給を阻害して白血球など細菌から体を守る免疫細胞の働きを悪くします。このように、口の中が歯周病になりやすい環境になり、歯周病に対する抵抗力が低下し、歯周病を進行させるのです。

若年性歯周炎

永久歯萌出後の11-13歳頃に発症し、男子に比べて女子に多くみられます。原因は、特殊な細菌による感染のほか、遺伝による体質、とくに女子に多く見られるのは、女性ホルモンであるエストロゲンの思春期における分泌増加で白血球の働きの低下が関与していると考えられています。治療法は、成人の歯周炎の場合と同じです。

妊娠

妊娠時も女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が増加します。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると全身の骨がもろくなり、骨が折れやすい状態となります。歯の周りの骨も同様で、骨が溶けやすくなって歯周病の進行が早くなります。

▲PAGE TOP

歯周病と全身疾患

歯周病菌は、口から体に取り込まれたり、歯周ポケットの炎症部から血管の中に入り、体内の組織に入り込んで血栓を作ったり、血管を細くしたりします。米国歯周病学会の報告では、歯周病にかかっている人が心臓発作を起こす危険度はそうでない人の2.8倍、脳卒中は3倍といわれています。歯周病のある人の早産の率はなんと7.5倍も高いそうです。また、重い歯周病がある人ほど動脈硬化があることもわかっています。ほかにも呼吸器疾患や関節炎、糖尿病などさまざまな全身の病気の発症や進行にかかわっています。
とくに糖尿病との関係はよく知られており、糖尿病の人が歯周病にかかりやすいこと、反対に、歯周病菌が血糖値をコントロールするインスリンの働きを阻害するという相互の影響が知られています。

脳梗塞

重度の歯周病がある場合は、歯周病のない人に比べて脳梗塞を発症する危険が高いことが報告されています。

誤際性肺炎

高齢者、特に寝たきりの方など体力が減弱している人は、嚥下機能も弱っているため、歯周病原菌などが肺に進入して肺炎を起こす危険が高くなることが報告されています。

細菌性心内膜炎

お口の中の歯周病原菌は組織に対して付着能力の高いものもあるため、心臓の弁やその周囲に感染して心膜炎を起こす危険が高くなることが報告されています。

狭心症・心筋梗塞

重度の歯周病のある人ほど狭心症や心筋梗塞などの冠状動脈硬化による心臓疾患になる危険が高くなることが報告されています。

低体重児出産

重度の歯周病をもっお母さんは、健康なお母さんに比較して低体重児出産の可能性が高くなると報告されています。

糖尿病と歯周病

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンの欠乏や不足により、高血糖状態が続くことで血管障害を起こす病気です。患者は約700万人ともいわれ、40歳以上では10人にl人ともいわれる現代の国民病の一つです。また、糖尿病は合併症の多い病気であり、糖尿病性昏睡に代表される急性合併症から、神経障害、腎症、網膜症のような慢性合併症までいろいろあります。そうした慢性合併症の中で、かなり高頻度にみられるものに口腔合併症があり、その代表的なものが重度の歯周病と多発性のむし歯です。
どうして口腔合併症が生じるかですが、糖尿病患者はその代表的症状に口渇(のどの渇き)があり、唾液分泌量が減少します。唾液分泌量が減少すると、口腔の自浄作用の低下により歯周病やむし歯の原因である細菌が繁殖します。さらに、糖尿病患者は血中だけでなく唾液の糖分濃度も高くなり、原因菌の繁殖が助長されます。繁殖した歯周病菌は体内に入って血糖値をコントロールするインスリンの働きを阻害するという悪循環を起こすのです。定期的に歯科医院で口腔診査を受けることをお勧めします。

▲PAGE TOP

唾液でわかるお口の健康度

歯周病は感染症ですから、検査を行ってその結果に基づいて科学的な予防処置や治療を行うことが可能です。その際、唾液は非常に有効な検査資料となります。歯周病菌が唾液のなかに排出する物質や炎症によって生じる物質などを調べることで、歯周病の有無やその進行状況がわかります。歯周病菌は現在知られているものだけで20数種ありますが、唾液のなかの歯周病菌の種類を調べることで、どの型の菌に感染しているかがわかり、有効な薬でいち早く対処することもできます。唾液のなかのヘモグロビン量を調べることで歯肉炎の広がりや歯周治療の必要度を知ることもできます。
また、唾液の質や量をはじめ菌の数、歯垢の量、食事の回数、食べ物の嗜好傾向など、あなたが歯周病に対するどのようなリスクファクター(危険因子)を持っているかを知っておくことは歯周病の予防や治療にとても有効です。唾液は痛みもなく簡単に採取できますし、検査も短時間ですみます。ご自身の口の中の衛生状態を知っておくためにも唾液検査は役に立つでしょう。
歯医者はこうした情報を基に私たち一人ひとりの健康状態を長期的に把握し、歯周病や虫歯に催患するリスクを低く保つようにしてくれる存在なのです。かかりつけの歯医者さんを持つことは健康維持のためにも非常に有効なのです。

▲PAGE TOP

歯周病の自覚症状

  1. 歯をみがくとき歯肉から血が出る
  2. 口臭がある(人からいわれたことがある)
  3. 歯の聞に食べものが挟まりやすい
  4. 起床時に口の中がネパネパして不快である
  5. 歯肉がむすがゆいときがある
  6. 歯が浮いた感じがする
  7. 歯肉が赤く腫れていて痛みがある
  8. 歯肉を押すと血や白く臭い膿が出る
  9. 歯が以前より長くなったような気がする
  10. 冷たいものでよく歯がしみる
  11. 歯がグラグラ動く感じがする

 

上記のどれかに心当たりがあれば、手遅れにならないうちに、できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。

セルフケアを徹底しましょう

歯周病にならないためには、歯周病菌の温床であるプラークを除去するためのお口の中の清掃、つまり自分で行う歯みがきが大切です。基本は一日3度で毎食後です。学校や会社でも昼食後の歯みがきを心がけましょう。夕食後になにか食べたり飲んだりしたときは寝る前にもみがきましょう。

大切なのは、みがき残しをしないこと。歯医者さんで自分に合った歯ブラシの選び方や正しい使い方のアドバイスをぜ、ひ受けてください。

歯ブラシの届きにくい歯と歯の聞や歯と歯ぐきの聞の清掃には歯間ブラシやデンタルフロスを活用しましょう。ただし、正しく使用しなければ歯ぐきを傷つけたりして逆効果です。歯医者さんで正しい効果的な使い方を必ず指導してもらいましょう。これらの歯間清掃用具を併用すると歯ブラシだけのときに比べて歯垢の除去率が58%から95%にアップするというデータがあります。


歯ブラシによるブラッシング

歯間ブラシによる歯の間の清掃

デンタルフロスによる歯の間の清掃